TOP売主様の声雅木 梅薫 様

当社が仲介させていただいた売主様からお言葉をいただきました。
ぜひお読みください。

売主様の声

魅力的なリフォームでどんな物件でも満室にしてしまう大家さんに
売却時の話を聞く

清陽通商さんは、
顧客の気持ちを理解して
親身になって提案・営業活動を
してくれるので安心です。

  • 雅木 梅薫 様

    中国吉林省出身。
    1997年に日本へ留学。
    不動産会社でアルバイトをしたことをキッカケに、不動産投資について勉強。
    2006年に法人を立ち上げ、現在は4棟35室に加え、駐車場を運営中。
    別法人で飲食チェーンも展開中。→萬豊株式会社:http://manpo.co.jp/index.html

当社のとの取引実績
・大阪府寝屋川市の物件を売却されるとき、当社にて仲介させていただきました。
当社で売却させていただいた物件を買った理由は何ですか?
利回りが良くて、バス・トイレがセパレート、室内もキレイだったからです。駅から少し遠かったのですが、入居者募集には自信があったので気にはなりませんでした。
実際、購入時の空室は2室。ターゲットとする入居者ニーズを考え、壁に可動式の棚を設置し、入居者の好みで部屋を変化できるようにリフォームをしました。他の部屋より1万円くらい高い家賃設定でしたが、すぐに男性の入居が決定。このように他にはない魅力をつくれば、どんな物件でも満室にできると考え、日々取り組んでいます。
売却の理由は何ですか?
自主管理をするには、事務所のある神戸から寝屋川は遠かったからです。清掃や物件の状況確認も回数が減ってしまいますし、トラブルの対応も一苦労。今後は、阪神間や大阪市など事務所から近い場所に物件を集中させようと…と思いましたね。そんなとき、不動産の値段が上がってきていると聞き、売りに出すことにしたのです。
当社を売却の仲介会社に選んだ理由は何ですか?
清陽通商さんのことは、インターネットで知りました。問合せをしたら、とても丁寧に対応。いい会社だな…と思いました。その後、清陽通商さんが企画するセミナーに参加。そこで、知り合いから売りを任せるなら清陽通商さんがいいよ…と聞き、お願いすることにしたのです。早速、担当の営業と売却の打ち合わせ。自分の希望金額を伝えると、大前さんが「物件地域の入居状況や不動産投資の市況感から考えると、もっと高く設定しても大丈夫ですよ」と新たな売却金額を提案してくれました。自分ではそこまで高く売り出せると思わなかったので、うれしかったですね。売却の話を聞いた他社からも連絡がありましたが、売主の立場で親身になって提案してくれる担当者に頼みたいと思い、清陽通商さんに専任でお願いしました。
売却をする上で課題になったことはありますか?
心理的瑕疵のある物件になってしまったことです。購入後、残念なこと事故が発生。でも、気づくのが早かったのと、役所の方が迅速に対応してくれたので助かりました。とはいえ、そのままじゃ借り手はつきません。そこで、リフォームに力を入れ、家賃もずいぶん安くしました。すると、告知を聞いた上で「安ければいいです。そういったことは気になりません」という女性が現れたのです。ありがたいことに、その後もずっと住んでいただけ、売却時は満室で売り出すことができました。
買主さんも、満室であること、建物の管理が良いこと、心理的瑕疵は気にならないということでご納得していただけました。どんな状況でも、前向きに満室にする努力をすることは大事ことですね。
売却時において、当社の強みをどこに感じましたか?
少しでも高く売りたいという売主の気持ちを理解して、親身になって提案してくれるので安心してお任せできました。関西に値引きはつきもの。その落としどころも考えた上で、売主も買主も満足できる価格提案をしてくれるところが強みだと思います。それができるのも、清陽通商さんは多くのお客様とのつながりがあり、顧客動向や市況をよくご存じだからです。売りも、買いもそれぞれ強みのある会社だと思っています。
不動産投資をはじめたキッカケは何ですか?
学生時代のアルバイト先は、不動産会社。そこの社長と奥さんにとても気に入っていただき、「ウチで就職しないか?」と誘われました。そのとき、起業を薦める本を社長から借りたのです。起業する面白さと出会った私は、「自分の手で事業をしてみたい!」と強く思い、その会社への就職を決意。起業を目指して、不動産の勉強をはじめたのがキッカケです。
不動産投資の面白さをどこに感じています?
借り入れが減っていくのが、楽しいですね。借り入れがなくなったら、建て直すのもいいし、リフォームや売却という手もあります。こんな風に、次の展開を考える楽しみも不動産投資の面白さだと思いますね。
後、周囲の物件にはない魅力づくりも楽しいものです。売却してしまいましたが、前に神戸市西区の物件を持っていました。諸先輩からは、「損してもいいから、早く売った方がいい」とまで言われましたが、損してまで売る気はありません。空室は14室。そこで、「住んでみたい!」と思わせる魅力をつくろうと考えました。天井と床が黒、壁が白という大胆な色使いの部屋、森にいるような気分になれる木目調の部屋、アジアンな温かみがある部屋といった感じでリフォームをすると、あっと言う間に満室に。このとき、駅から遠くても工夫次第で満室にできる!という確信を得ました。だから、あの寝屋川の物件を買えたのです。
今後の展開を教えてください
自主管理をするので、阪神間や大阪市北区、中央区など事務所のある神戸から行きやすい場所に物件を増やしていきたいと思っています。アパート・マンション、駐車場、良い立地であれば店舗も購入していく予定です。
インデックスに戻る