E-BOOK無料プレゼント
売却するときは
「一般」「専任」「専属専任」の
どれにすべきか?

物件の売却を仲介会社に依頼するとき、媒介契約を締結します。


 

媒介契約には3種類あります。

 

1:一般媒介

2:専任媒介

3:専属専任媒介

  

収益不動産を売却するとき、どの形態にするのが、売主にとって一番メリットがあるんでしょうか?

それぞれのメリット・デメリットとともに、一番メリットのある媒介契約は何か?

媒介契約を結ぶときの注意点などを解説します。

ぜひ、ご一読ください。

もちろん無料です!

この無料E-BOOKをご覧になりたい方は、下記から今すぐお申し込みください。 この無料E-BOOKをご覧になりたい方は、下記から今すぐお申し込みください。

ウルアパ

お申し込みフォーム

お名前
メールアドレス
携帯番号

個人情報保護方針に同意する



E-BOOKの主な内容

売却するときは
「一般」「専任」「専属専任」のどれにすべきか?

  • ①一般媒介契約の特徴とメリットでメリット
  • ②専任媒介契約の特徴とメリット・デメリット
  • ③専属専任媒介契約の特徴とメリット・デメリット
  • ④売主にとってメリットのある媒介契約は「○○媒介」
  • ⑤媒介契約を結ぶときの注意点
  •  

このE-BOOKを読むと、希望の金額・条件でスムーズに売却するための契約方法が理解できます。
ぜひ、ご一読ください。

お申込みはこちら!