E-BOOK無料プレゼント
不動産投資家は
登記簿謄本のどこを見るべきか?

皆さんは、購入を検討したいと思った不動産の登記簿謄本を見たことがありますか?

登記簿謄本、あるいは謄本という名称を使いますが、
現在の正式名称は「登記事項証明書」と言います。

一般的には、「謄本」(とうほん)と言われています。

不動産投資をするときに謄本の内容を確認することが、非常に大切です。

なぜなら、
謄本を見ると、その物件に関する様々なことが分かるからです。

それを知ることで、
投資の可否、
価格交渉のヒント、
その物件とオーナーのストーリーなどが
見えてくることも少なくないからです。

そこで、今回は不動産投資家のための登記簿謄本の見方を解説します。
ぜひ、ご一読ください。

もちろん無料です!

この無料E-BOOKをご覧になりたい方は、下記から今すぐお申し込みください。 この無料E-BOOKをご覧になりたい方は、下記から今すぐお申し込みください。

E-BOOKをお申し込みいただいた方には
弊社より非公開極秘物件情報を定期的にお送りさせていただきます。
楽しみにしてください。

お申し込みフォーム

お名前
メールアドレス
携帯番号

個人情報保護方針に同意する



E-BOOKの主な内容

不動産投資家は
登記簿謄本のどこを見るべきか?‬

  • 登記情報の入手方法‬
  • ○○が間違ってないか?‬
  • ○○の属性‬
  • 抵当権者・根抵当権者と債権額・極度額‬
  • その物件を歴史を知ることで
    〇〇や〇〇を推測する‬
  • 〇〇を取得すると良い

このE-BOOKを読むと、‪投資の可否や価格交渉のヒント‬などが、
登記簿謄本‬のどこに隠れているかが分かります。
ぜひご一読ください‬。

お申込みはこちら!