関西の大家業をもっと楽しくする

ヒント集

vol.44

2016.08.08

ポケモンGOで
収益物件の収益をあげるには。

さて、前回は、ポケモンGOは確かにすごい数のダウンロードだったけれども、すぐに熱は冷めるので、敷地内に人が立ち入るようなリスクもさほど大きくない事を論じました。
今回は有効活用方法です。ポケモンGOを上手く活用する方法はないでしょうか?

写真はイメージです

美容室でどんなポケモンが出るかが、
有益な情報になっている

他業界をしっかりと学ぶ必要があります。7月26日には美容室でのく現情報がネットで出ました。サービス開始から5日後の事です。
 確かに美容室では暇です。どうせ暇ならポケモンでもゲットしましようか、という話です。だったらこの美容室ではポッポが出ます。この美容室ではコイキングが出ますという話です。どちらもどこにでもいるポケモンで捕まえやすいです。しかし、ポッポは進化が早い為レベルアップに有効ですし、コイキングはギャラドスというポケモンに進化させるまでに沢山捕まえる必要があります。どうせ髪の毛をカラーリングするなら、ポッポやコイキングを捕まえながらやりたいというコアなファンもいるでしょう。
 ここで大切なのは「そんなコアなファンもいる」という事です。世の中はゼロサムではありません。「ペット可にすれば物件が決まる」というのは眉唾でペットを飼わない人は沢山います。しかしペットを飼いたい人にとっては、それは部屋選びでは絶対条件であり譲れないものです。アクセントクロスもDIYも同義で、「みんなが好きなわけではないが、好きな人は好き」。
 であれば、「どんなポケモンが出るか」で美容室が選ぶ人もいます。ということは、そう、賃貸物件でも同義です。自分の収益物件でなにが出るのか。実際に、アメリカの物件広告では、出現ポケモンを記載している物件広告があるのです。

湯河原で、
ルアーモードで楽しめる温泉がある

7月25日からは湯河原のとある温泉宿で、ルアーモードで楽しめるというキャンペーンがありました。ルアーモードというのは、ポケモンが出現しやすいモードで、誰かがやれば、そこにいる人は恩恵があります。温泉のあちこちにあるポケモンスポットでルアーモードになるから、好きなだけポケモンをゲットしていただき、そのあとは温泉につかったりポケモン談義をしてくださいというサービスです。
 ここで大切なのは、ポケモンスポットといわれるスポットの利用です。ルアーそのものを旅館側が買うのは大した金額はかかりません。しかし、ポケモンスポットがなければなりません。
 このスポットというやつが、ニュースでは「勝手に設定しやがってけしからん」「削除申請できるぞ」と話題になっているものです。
 しかし、マニアにとっては、ルアーモードは嬉しいもの。例えば、仲介店舗がたまたまポケモンスポットになっていたら「お子さん連れの方も、どうぞご来店ください。店内からモンスターボールが沢山とれますよ」といえますし、「ただいま、お子様連れの方が来たらルアーモードを発動します」というサービスも可能です。削除申請するぐらいならどんどん活用すべきです。
 大阪市旭区の千林商店街が7月30日と31日に9時間連続でルアーモードを発動したそうです。アイテム購入コストはわずか2万8000円。安いものです。

ポケモンスポットは資産価値

すなわち、同じような事が収益物件でも可能です。なにも集客に使う必要はありません。「ポケモンスポット隣接」とだけ書いてあれば、「モンスターボールが取り放題だな」と「便利だ」と考えるコアな入居者が存在するかもしれないからです。
 実際に、私の東京のマンションは寝室からポケモンスポットのモンスターボールをとる事が可能です。コアなファンなら、これがどれほど便利か分かるはずです。スポットの削除申請なんてもってのほか。収益物件がスポットに近ければ、ラッキーな話ですし、仮に遠くても「○○大学から物件までは13箇所のポケモンスポットを経由して帰れます」などとPRに使えるのです。
 このように「新しい変化」は「新しいチャンス」でもあります。未来は不確定であり、「あんなものをやるやつの気がしれない」という意見もあるでしょう。しかし、ペットが好きな人もいれば、アクセントクロスの部屋が好きな人もいるものです。多様な世の中の変化をチャンスと捉えて、今、様々なトライアルをしてみるのもいいのではないでしょうか?