関西の大家業をもっと楽しくする

ヒント集

vol.53

2017.07.28

売り物件数、過去5年での最高値

売り物件数は5月の連休後くらいから増加の一途をたどっており、ついに800件を突破しました。これは、昨年秋に記録した過去5年での最高値に迫る勢いです。

写真はイメージです

価格は高め。高く売れるなら
売っても良いという感じ

 仲介の現場にいると、物件が全体的にダブついている感があります。やはり春以降、一部の金融機関が融資を絞っているのが大きな要因と思います。
 ただ、価格はそれほど大幅には下がっていないようです。元々、現在の売り物件の多くは切羽詰まって売るというより、高く売れるなら売っても良いという感じの売り出しが多かったのではないでしょうか?何らかの事情で売らなきゃいけない物件は、価格を下げてでも売る動きはありますが、全体的には市況が下がるのは少し先かなという感じがします。
 あと、転売の物件をいくつか見て思う事があります。何も手を加えないで、そのまま転売しようとしている物件がとても多い。中がボロボロで、空室だらけの物件を高く買う人はいません。空室だらけの物件を、「高く売れますか?」なんてことを言われても・・。相応のコストをかけて再生し、相場よりやや高めの家賃で貸している物件は、売却の時に相応の価格での売却が出来ているケースが多いです。買取再販は、再生のスキルで成否が決まると思います。