セミナー予約受け付け中!

関西の大家業をもっと楽しくする

ヒント集

vol.40

2017.04.03

4月以降の金融機関の動きに注目。

この1か月ほどの収益物件市場はやや落ち着いてきているようです。
 

写真はイメージです

市況が下がる可能性も…

 図は、過去5年間の近畿レインズに登録されている一棟アパート・マンションの登録件数の推移ですが、今年に入ってから少し落ち着いています。
 例年、年明けに登録件数が落ち込み、徐々に増加していくのですが、今年は年明けの動きがあまりありません。一時期増加する動きがあったのですが、最近は再び落ち込み年末年始水準で推移しています。
 今年の3月は、各金融機関で駆け込みの融資が増えているようで、弊社にも3月に入ってから媒介を受けた物件で月末決済と言うスピード決済のものがあります。そういう動きがあちこちであるようで、このあたりが物件数が落ち着いている要因かと思います。
 ただ、4月以降に一部の金融機関で融資を絞るんじゃないかと言う噂があります。そうなると物件が売れずに数が増え、市況も下がる可能性もあり得ると思います。