セミナー予約受け付け中!

関西の大家業をもっと楽しくする

ヒント集

vol.12

2015.01.05

入居者さんの心つかむインテリア作戦

11月から募集活動を始めた物件。季節柄もあったのか、残念ながら入居者が決まっておりません。年明けから募集活動を強化するにあたり、楽しく住めるイメージを持ってもらえるようにインテリアに力を入れてみました。

写真はイメージです

ターゲットは新婚さん

 9月に購入した物件のリフォームを施した空室は、新婚さんが暮らすのにちょうどいい2DK。駅から3分と便利な場所ではあるけれど、賃料設定が少し高めだったのか、残念なことに年内には入居者が決まりませんでした。
年末に、弊社の女性陣から「内覧へ来たときに、楽しく住めるイメージを持ってもらえるよう、小物でも置いたら?」という提案が。なるほど。賃料を下げるは簡単だけれども、その前にできることを試してみよう…と思い、女性陣に新婚さんをターゲットにしたインテリアの工夫をしてほしい…と依頼しました。

100均、300均を上手に使ってオシャレ

 僕自身はインテリアとかさっぱり…なので分からないのですが、女性陣は100均や300均のお店でオシャレ小物を購入。予算的に部屋全体はできないから…と、玄関を入るとすぐ目に入るキッチン、日当りがイマイチのバストイレに特化してコーディネートしたそうです。
僕が使えるからいいやん…と思っていたスイッチのカバーも、壁紙をリフォームしたらから古さが目立つ…と取り換えてくれました。目立たないけれど、女性陣にはまだまだ気になる部分があるとか。予算の大きなリフォームだけじゃなく、小さな部分の積み上げも好感度につながるんだなあ…と思いましたね。
また、ネットで調べたとかで、内覧に来られた方向けのアメちゃんサービスも。これで、いい大家さんのイメージが醸成できるといいのですが(笑)
ということで、女性陣のがんばりにより、殺風景な部屋がなかなかいい雰囲気に。内覧者さんが、自分のアイディア次第でオシャレに住めるイメージを持ってもらえたら、うれしいですねえ。今回の件で、ターゲットに向けた提案の大切さを改めて感じました。早く入居者さんが決まるといいなあ。また、ご報告しますね!